〒649-6124 和歌山県紀の川市桃山町市場269-1
TEL 0736-66-2201㈹ FAX 0736-66-2172
 


イチゴの早出し出荷の実現・冬季の中休みの短縮
イチゴの休眠をなくし収量増収するクラウン冷暖チューブが登場!
 圃場設置例
クラウン冷暖チューブを敷設したハウス
 クラウン冷暖チューブをクラウンに沿って設置します。
栃木県 F氏圃場で10月12日撮影
(クラウンに沿った白いチューブがクラウン冷暖チューブです。)
クラウンの冷暖とその効果
 独立行政法人農研機構 九州沖縄農業研究センター(旧農水省試験場)においてイチゴのクラウンを冷暖することでイチゴの早期出荷と冬場の中休みを短縮し増益できることは研究成果発表や実証試験からも明らかとなってきました。

 
低価格・高性能チューブを開発
 そこで、当社では研究を重ね地下水を利用してイチゴのクラウンの温度制御を目的とし、強力で厚みが薄く柔らかい材質を使用し以下の2つ特長を備えた高性能で低価格な「クラウン冷暖チューブ」を開発しました。
チューブがイチゴのクラウンに沿い易くする
熱伝導率を高める
クラウン冷暖チューブ 折幅2.5cm 長さ100m巻
性能と規格
 
このチューブの折幅は2.5cmで長さは100mです。地下水をポンプで汲み上げてチューブの始点で約18℃となり50m先の終点で20℃となります。
 水量によって終点の温度は変動しますが、1本あたり1分間3.5リットルの水量で20℃を保つ事ができます。1ハウスあたりの使用水量は、1列に1分間3.5リットル。10列として35リットル必要です。
 通常の使用水圧は0.25kgf程度となりますので過剰な圧力はかけないで下さい。なお、このチューブの基準耐圧は水圧0.8kgfとなっております。

測 定 日 時 外気温 チューブ始点 チューブ50m先
平成23年8月1日午後2時 33℃ 17.5℃ 19.6℃
 平成24年2月10日午前8時  4℃ 18.4℃ 16.3℃ 
水量3.5リットル/毎分、デジタル温度計

お客様へ

クラウン冷暖チューブへのご注文・問い合わせは、メール及び
電話(0736-66-2201)、FAX(0736-66-2172)にてお問い合わせ下さい。

[return to back page]


ページのTOPに戻ります